【派手髪好き必見】ヘアカラー剤を比較してみた!

投稿日:

「ヴィジュアル系や原宿系のようなカラフルな髪色にしたい!」と思ったことはありませんか?

私も腰まである長い髪を赤紫色や銀色、青色、アッシュなど様々な色に染めてきました。

しかし美容院で染めると費用が高かったり、そもそもやりたいカラーを取り扱っていなかったりするのが悩みどころですよね。

そこで、今回は自分で手軽に染める方法をご紹介します!

染める前にすべきこと

まずはブリーチが必要です。

ブリーチとは髪の毛の色を抜くことで、髪を染めるためには欠かせない工程です。

黒髪から1回ブリーチをすると明るいオレンジ色~黄色になりますが、繰り返しブリーチをしていくと白に近い金髪になります。

少しでも黄色が残っていると赤色を入れてもオレンジ色に、青色を入れても緑色になるというようにカラーに影響が出るので、多少髪が傷んでしまってもブリーチは重要なのです。

しかしここで覚えていただきたいのが、「ブリーチで完全に白髪に染めるのはほぼ不可能」ということです。

白色に近い髪の方が綺麗にカラーが入りやすいのですが、そこまでブリーチをしてしまうと髪が傷んでパサパサになってしまい、かえって染めにくくなります。

「じゃあ、どうしたら傷めずに染められるの?」と思いますよね?

私は「一度金髪にしてから紫色を入れる」ことをオススメします!

なぜ金髪に紫色を入れるのかというと、金色(黄色)の補色の紫色を入れることで、互いに色を打ち消し合う効果で白くなるからです。

つまり「金色(黄色)+紫色=白色」となるわけです。

金髪に紫色を入れると銀色~白色になり、ブリーチを何度もするよりも傷まず白髪に近い色にできます。

 

ブリーチをするには

「ブリーチは美容室でしてもらうべきだ」と言われがちですが、市販のブリーチ剤でも十分効果があり、かなり明るい髪色にできます。

ここで覚えていただきたいのが、「美容室で取り扱っているブリーチ剤でも市販のブリーチ剤でも、体質によってはアレルギー反応が出て頭皮に痛みを感じることもある」ということです。

一度アレルギー反応が出ると治らず、その後もブリーチをする度に痛むようになります。

場合によっては悪化してしまうこともあります。

自分でブリーチをするのが心配な方や初めてブリーチをする方は美容室でやってもらうのが確実です。

自分でする場合は、ブリーチ剤が直接頭皮につかないように注意しましょう。

 

カラー剤の紹介

私が今まで使ったカラー剤を比較してご紹介します。

「どんなカラー剤を使ったらいいの?」「染めたらどうなるの?」という方、必見です!

1.『MANIC PANIC(マニック パニック)』

略して「マニパニ」と呼ばれるカラーバターで、美容室でもよく使われています。

値段 ★★★★☆

118mlあたり3000円程度で、東急ハンズやドン・キホーテ、Loftなどでも購入可能です。

118mlの目安としてショート~セミロングであれば、フルで染めたとしても2~3回くらい染められます。

MANIC PANICは市販のトリートメント剤と混ぜて使ってもOKなので、ロングでも費用を安く抑えられます!

私はロングだったので「MANIC PANIC:市販のトリートメント剤=2:1」で混ぜ、量増しさせて使ってみましたが十分発色しました!

トリートメント剤と混ぜて使った方がコスパが良いです。

カラーバリエーション・発色 ★★★★★

カラーバリエーションはなんと48色もあり、複数の色を混ぜて使うこともできるので無限大です!

私はロカビリーブルーを使ったのですが、綺麗かつ鮮やかに染まりました!

色持ち ★★★☆☆

カラーは2週間くらい持ちますが、「入りやすく抜けやすい」という印象です。

しかし発色が良く不器用でも染めやすいヘアカラーなので、かなりオススメです!

 

2.『NATUR VITAL(ナチュール バイタル)』

毎日使えるカラートリートメントで、髪の傷みが気になる方にオススメです。

値段 ★★★★★

300mlあたり1728円とお手頃価格です。

ドン・キホーテや薬局などでも購入可能です。

カラーバリエーション・発色 ★★★★☆

カラーバリエーションはブラック、ナッツ、レッド、ワインレッドの4色です。

私はワインレッドを使ったのですが、明るい茶髪でも1回でしっかりと染まりました!

イオンカラーなので傷む心配もありません!

色持ち ★★★★☆

使うのを止めてから1週間ほどで元の髪色に戻りますが、毎日使えば綺麗な髪色を維持できます!

トリートメントとしてシャンプー後に使うだけなので、美容室に行く時間がない方に向いています。

 

3.『エブリ カラートリートメント』

リピーター多数、人気のカラートリートメントです。

値段 ★★★☆☆

160gあたり1500円程度で、東急ハンズやドン・キホーテなどでも購入可能です。

カラーバリエーション・発色 ★★★★☆

カラーバリエーションはピンク、レッド、ブルー、ブラウン、グレー、グリーン、オレンジ、パープルの8色です。

私はアッシュに染めた後にブルーを色落ち対策として使っていましたが、手軽にケアできるのでオススメです!

色持ち ★★★★☆

使うのを止めてから1週間ほどで元の髪色に戻りますが、カラーやカラー後の色落ち対策として使うのならば十分です。

シャンプー後に使うだけという手軽さと豊富なカラーバリエーションが魅力です!

 

カラー後のケア

どんな髪でもカラーをすると必ず色落ちするため、ケアが必要になってきます。

そこで少しでも長くカラーを維持するために、カラートリートメント紫シャンプーを使うことをオススメします。

紫シャンプーとは脱色するブリーチとは違い、金髪の黄色味を抑えるシャンプーのことです。

黄色味を抑えるだけなので、髪が紫色に染まることはありません。

髪を白色やアッシュ、ミルクティー系、ブルー系に保ちたい方や色をくすませたくない方は、毎日紫シャンプーをすることで色持ちが良くなります!

ちなみに、私は「Y.S.PARK ホワイトルックシャンプー」を使っていました。

「Y.S.PARK ホワイトルックシャンプー」は500mlあたり3000円程度で、東急ハンズなどで購入可能です。

 

まとめ

基本的にブリーチでしっかり脱色しておくことが重要ですが、カラーの入り具合や抜け具合は髪質や塗布量によって変わります。

また自分に合ったものを正しい方法で使うことが一番です。

ぜひカラーを楽しんでください!

-未分類

Copyright© ハウツー!ライフハック , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.